アテニア新ファンデーション

複数のファンデーションを上手に使い分けるには?

ファンデーションにはいろいろな種類があり、技術の進歩もあって続々と新しい製品が世に送り出されている状況です。ただどのファンデーションにも必ずメリットとデメリットがあり、「カバー力はいいけど肌に負担がかかる」「刺激に敏感な乾燥肌でも使いやすいけど化粧崩れを起こしやすい」といった問題が多かれ少なかれ出てきます。

複数のファンデーションを使うと両方のメリットを損ねてしまうことも

ファンデーションの使い分け

だった複数のファンデーションを使えばいいじゃないか?と考えるのもごく自然というものでしょう。リキッドファンデーションのカバー力でシミやくすみといったトラブルをうまく隠しつつ、パウダーファンデーションで全体を自然に仕上げる。

 

または日中に化粧崩れやテカリが起こってしまった場合にはパウダーファンデーションで直す、といった両方のメリットを活かせる使い方、使い分けをすれば一石二鳥というわけです。

 

ただ実際問題として複数のファンデーションを併用するのは難しい面もあります。

 

ファンデーションは肌の表面に密着してトラブルを隠したい、血色を良く見せるといった演出をするためのアイテムです。それを併用するとなると両方のメリットを得るどころかメリットを損ねてしまう面もあるのです。

ファンデーションは併用するのではなくケースバイケースで使い分けること

ファンデーションの使い分け

たとえば現在のパウダーファンデーションは粒子が細かいパウダーで肌にしっかりとフィットして凹凸をならす効果を備えているものが人気です。

 

しかしリキッドファンデーションの上にそれを塗付するとどうしてもうまく密着せずに崩れやすくなってしまうのです。逆にパウダーファンデーションの上にリキッドファンデーションを塗付すると厚塗りにやりやすいうえにせっかく自然に仕上げられるパウダータイプのメリットが活かせなくなってしまいます。

 

ですから両方を併用するのではなくケースバイケースで使い分けるのが原則です。

 

パーティーなどフォーマルな場ではカバー力に優れたリキッドファンデーションを使い、日常のメイクではパウダータイプを使う、肌の乾燥が気になるときや紫外線が強いときにはクリームタイプやUVカット効果を備えたファンデーションを使う。

 

さらに日焼けやリキッドファンデーションを落とすためにクレンジンクの負担をかけた場合にはしばらく低刺激なミネラルファンデーションを使う…ケースバイケースに合わせた使い分けがもっとも理想的な併用の手段となるでしょう。

 

ただそこまでして決して安くはないファンデーションを複数買い揃える必要があるのか?という疑問も出てきます。基本的には日常の使用に適したものをひとつ選び、自分の使用環境を踏まえてもうひとつ、使い分けるものを用意しておくというのがもっとも現実的な使い分け方となりそうです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめのファンデーション>>

コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめのファンデーション

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

粉感・厚塗り感無し!ウルウルのツヤ感が1日中続くアテニアの新作ファンデ
2,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

POLA B.A クリーミィファンデーション

40代ファンデーションBA

カバー力も保湿力も欲しい40代に!ポーラ最高ブランドのクリームファンデーション
11,800円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

40代ファンデーションマキアージュ

@コスメ殿堂入り!13時間(※)付けたてキープのムース生まれのパウダリー
3,240円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

リペア リキッドファンデーション

40代ファンデーションリペア

メイクしながらエイジングケア!シミ・しわもしっかりカバーする美容液生まれファンデ
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,980円・税別
公式ホームページで詳しく見てみる!>>